インプラント

インプラント

料金プランを見る

インプラントとは

インプラント治療は、チタンという生体親和性の高い金属でできた歯根を骨に埋め込む治療方法となります。歯が抜けた部分にインプラントを埋入し、その上に人工の歯を被せ、本来の歯の機能を回復させる治療法です。

インプラントは歯が抜けてしまった後に、回復させる治療法としては、現在最も優れています。インプラント治療のチタンの表面には特殊な加工が施されており、骨と細胞レベルで一体化する方法です。

インプラント治療後は天然歯と同等の咀嚼能力が再現されるので、なんでも美味しく食べられることができ、 入れ歯と違い表情も若返ります。 また、上部構造もセラミック製なので、審美的にも自然で美しい仕上がりとなり、インプラントは“第2の永久歯”とも呼ばれています。

テルデンタルクリニックでは、徹底した審査基準を行って、患者様に十分な説明をした上で、患者様に適した、よりよい方法をご提供できるよう、努めております。

安心できるインプラント手術は確実な診査・診断からはじまります!

近年では、インプラントの種々ずつにおける事故も多くなってきています。様々な歯科医院がありますが、その中にはインプラントを格安で受けられるという歯科医院も増加しつつあります。そもそも、インプラント手術というものを格安でご提供できるというのは不思議に感じられます。

インプラント手術というものはコスト削減をして格安に行うようなものではないのです。
なぜなら、インプラント手術自体が難易度も高く、事故を起こさないように正確に様々な工程を行うため、格安で提供して、無理なコスト削減は逆に危険な行為と言えます。

テルデンタルクリニックではインプラント手術を安全に行うための手間は絶対に惜しみません!

インプラントを埋入するため、充分な骨量がを調べるために、最初にCT撮影(レントゲン断層撮影)を行います。
シムプラント(Simplant:骨を解析するコンピュータソフト)という解析ソフトによって、骨の診断、神経の位置確認、そして隣接する歯の根っこの位置を確認します。
こうして、コンピューター上で手術をシミュレーションすることが可能となります。インプラント手術をするためにしっかりとして工程を行うことによって、事前に危険を伴うリスクを回避して、インプラント手術を安心・安全に行うことが可能となります。

安全なインプラント手術を行うために
必要不可欠なサージカルガイドシステム

インプラント手術の工程の中には、歯肉とあごの骨にインプラントを埋入する穴を開けるという工程があり、その工程では、専用のドリルを使用します。このドリルが角度が異なってしまったり、ちょっとでもブレたりしてしまうと大変なことになってしまうのです。

この工程でそういった危険を防ぐのに必要なのが、サージカルガイドシステムとなります。左の写真では、マウスピース状のサージカルガイドです。
ドリルを開ける位置には正確な穴が空いていて、その穴にドリルを入れることで、しっかりとドリルが固定されるのです。
その結果、ドリルは安定して、確実に理想的なインプラント埋入を行う事が実現可能です。


三次元の画像(CT)を元にして、手術前に徹底的にシミュレーションを行い、サージカルガイドを作成します。インプラント治療では、CT及びサージカルガイドを取り入れている歯科医院はまだまだとても少ないというのが現状になります。新宿御苑前駅徒歩1分のTERU DENTAL CLINICは患者様に安心で安全なインプラント治療を提供するためには、こうした工程は必要不可欠だと考えます。

インプラント治療の流れ

サージカルガイドを使用したインプラント手術例

インプラント手術例

STEP① 診察・治療計画

問診、治療前の口腔内写真などを基に治療計画を立てます。 歯周病、顎の骨の状態などにより治療方針が変わってきますので、ご理解いただけるまでしっかりと説明致します。
右の写真でも分かるように、右上の前歯横の歯、そして左上の犬歯がない患者様の例です。下の写真の中の右上の写真では、前歯横の歯のスペースが全くなく、とても狭い状況です。このようにスペースが狭いと隣の歯の根にドリルっしてしまう可能性があり、ギリギリのラインにインプラントを入れないといけない状況です。

インプラント手術例 CTスキャン

STEP② CTスキャン

CTスキャン撮影して、骨の診査及び、隣接した歯との位置関係を細かく診査して、しっかりと手術のシミュレーションを行います。

インプラント手術例 サージカルガイド

STEP③ サージカルガイド作成

手術のシミュレーションを元にして、ドリルのガイドとなるサージカルガイドを作成します。
そして、コンピュータ上でシミュレーンションした位置にドリルをして、インプラントを埋入します。

インプラント手術例 インプラント埋入

STEP④ インプラント埋入

インプラントを埋入します。必要な場合は、手術は静脈内鎮静法とよばれる麻酔法を用いますので、手術の 苦痛を感じることはありません。
徹底的なシミュレーションを手術前に行い、それを元荷作成したサージカルガイドで無事にインプラントを埋入することが出来ました。
このような症例は大変難易度の高いケースと考えられますが、手術後の写真でもお分かりいただけるように、傷口も最小限に抑えられました。


術後は治癒期間として、3 ヶ月~半年間、インプラントが骨が結合するのを待ちます。
※インプラントの種類や患者様の状態によって 1 回法、2 回法があります。2 回法の場合、手術後にもう 一度上部構造を取り付けるための手術を行います。

インプラント手術例 手術完了

STEP⑤ 人工歯の装着・手術完了

インプラントと骨が結合されたことが確認できたら、人工の歯をインプラントに装着し、インプラント治療は完了です。人工の歯はセラミックなどを使用した冠を使用しますので、審美的にも非常に自然で美しいものになります。
今回の症例でも自分の歯として元々生えていたように、審美的にも自然な歯のように仕上がりました。右下の写真は、レントゲンと重ね合わせた写真です。このような症例はやはりサージカルガイドの作成なしでは実現できない手術です。テルデンタルクリニックでは患者様の安心・安全を考えてインプラント治療を行っております。

インプラント治療の際には、患者様の歯の状態によっても、治療内容が異なる場合がございますので、まずは東京メトロ丸ノ内線の新宿御苑前駅徒歩1分のTERU DENTAL CLINICにご相談下さい。

インプラント治療のビフォーアフター

インプラント治療のビフォー

こちらの症例は上下アゴのインプラント治療手術前の事例となります。黄色丸の箇所は歯が元々ない部分もしくはやむを得なく抜歯となってしまった欠損部分です。このような状態ではきちんと噛めずに食事もままならず、美味しい食事を楽しむことすら出来ない状況です。

インプラント治療のアフター

左の写真の青色丸の箇所がインプラント手術後になります。周りの歯に負担をかけてしまうようなブリッジや入れ歯は選択せずにインプラントを選択していただきました。手術後は美味しい食事もできるよう、しっかりと噛めるようになりました。

インプラントと他治療の比較

治療法 インプラント
インプラント
入れ歯
インプラント
ブリッジ
インプラント
見た目の美しさ

噛む力

口腔内衛生性

優れる(手入れが必要)

不衛生になりやすい

不衛生になりやすい

耐久性

優れる(手入れが必要)

合わなくなりやすい

両サイドの健康な歯に負担

健康な歯を削る

削らない

場合によっては削る

両サイドの健康な歯を削る

違和感

感じない

感じる

少ない

あごの骨が痩せる

痩せない

痩せる

痩せることがある

手術の必要性

診察形態

自由診療

保険診療
(質・見栄えの良いものは
自由診療となります)

保険診療
(質・見栄えの良いものは
自由診療となります)

治療の期間

通常6〜8か月

2週間〜2か月程度

2〜3週間程度

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-15 パークフロント新宿101

電話をかける