小児歯科(予防、フッ素塗布、TBI)

小児歯科

テルデンタルクリニックの小児歯科

歯が生え始める 0 歳から、15 歳くらいまでの永久歯が生え揃うお子さまを対象とした、歯や歯並び、お口の 病気の治療と予防、アドバイスなどを行っています。 お子さまは、身体だけでなく、お口の中も成長過程にあります。正常な歯列の育成を目標に、お子さまの成 長発育状況に合わせた、最適な治療をご提案しています。

小児歯科の治療内容

予防処置

虫歯の進行が早いお子さまの歯を虫歯にさせないことを一番ですが、正しい生活習慣を身に付けさせること も重要です。
ただ歯垢や歯石を取るだけでなく、フッ素塗布、ブラッシング指導なども行っています。

むし歯治療

まずは進行抑制を考えますが、止むを得ず治療せざるを得ない場合もあります。必要に応じて、麻酔を行い、 極力痛みを感じないように処置をします。 また治療が難しい場合は、まずは慣れることを優先し、段階を踏みながら治療へとつなげていきます。 ご家庭では、治療で頑張れたことをたくさん褒めてあげてください。自信を持つと、さらにスムーズに通院 ができるようになります。

矯正治療

早めに矯正を始めることで、体の成長をうまく利用することができます。
小児矯正は小児矯正のページをご覧下さい。

シーラント

シーラントは、前歯や奥歯の溝が深い場合に、溝をプラスチック樹脂の一種で事前に埋めてしまう処置で、むし歯を予防する方法です。
主に、6歳臼歯や乳歯の奥歯などが生えて間もない時期に行います。 生えたばかりの歯は未成熟で弱く、唾液中のカルシウムなどを吸収して月日とともに徐々に強くなっていくのです。

クラウンループ

クラウンループ

クラウンループとは、乳歯や永久歯が早期に抜けてしまった場合、隣接した歯が移動して、他の永久歯が生えるスペースがなくなってしまい、歯並びが悪くなってしまうことを防ぐ為に処置される装置で、実際は右の写真の赤丸の装置になります。

クラウンループのメリットとしては患者様が外すことなく、空隙の保持が確実にできます。支台歯の機能を抑制せず、後続永久歯を正しい位置に萌出誘導することができます。

健康な歯の育成そして健全な歯並びを目指すには必要な装置ですが、クラウンした部分がむし歯になりやすいので、クラウンした部分は特により一層のブラッシングは必要になるでしょう。

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-15 パークフロント新宿101

電話をかける